インコが盛りだくさんの可愛い財布を買った

なんか、パートナーが、インコ柄の財布が欲しいと言っていたので、探していたら、こんなのがありました。かなり可愛いと思います。というか、見たことのある絵だな・・そういえば、パートナーが、この絵のTシャツを着ていたかもしれない。パートナーも、たぶん同じ人のイラストだと思うとのことで、購入することに。
アマゾンで購入しました。到着まで、けっこう時間はかかりましたが、海外便だったのかな?北欧とか書いてたけど、ほんまかいな?よく見ませんでした。

インコがいっぱい描かれている・・

そんなに高くありませんでしたし、まぁ、値段なりの作りかな?本革と書いてましたが、たぶん合皮だと思う。本革にしては、表面のパターンが均一すぎます。まぁ、一種のお約束といいますか、海外の安価な製品にはありがちな事ですね・・
しかし、それを置いても可愛いのではないかと。

インコ財布の裏側

表から、そのまま柄が続いてますので、インコが逆さまになっています。
しかし、少しばかり気になり始めました。インコの、確か外国人のイラストレーターの絵は知っているのですが、こちらのほうが、少々どぎつい色のような気がします。よく似ていますが違う人の絵かも?インコの絵というものは、だいたいこんな感じで描かれるものですから、パクリなのかどうかは分かりませんが、何か違うような気がします・・
まぁ、ぼくも以前少しばかりデザインの仕事もしたことがあるのですが、先方から、頼むからパクッてくれと言われたことは多々あります。ぼくは、それが嫌で、なんとか回避しようとしていたものですが、まぁ、企業でも、そういうモラルが無い人は多くいますね・・というか、ビタミン剤とか、みんな同じデザインに見えますし、ショップブランドで、名前までパクッてる商品は沢山あります。
まぁ、微妙に違うから、違うと言い張れば、それで良いんですかね??

財布の中

中身は、いたって普通。安い財布の典型のような質感です。まぁ、使い勝手そのものは、悪くなさそう。

財布のカード入れ

カードは沢山入りそうな雰囲気。耐久性は高くはなさそうに見えます。
まぁ、安い財布ですし、一年も持てば良いのではないでしょうかね?
可愛いと言われれば、可愛いですし、まぁ、今回は良しとするかな。

Posted by 中村 智道

映像作家・画家
2018年に体調を壊してから、現在に至るまで、まともな制作が出来なくなったことから、極力エネルギーを使わずに制作する方法を考えています。
みどりの王様は、その実験的な試みで、なるべく消耗することなく制作する方法をこれで考案中。
無理の無いよう、のらりくらりとやっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です